CONTACTお問い合わせ

MESSAGE代表挨拶

代表取締役 粟津原 茂人

常に変化し、柔軟に動く。
社員の引き出しの多さが強み。

私たちは、土地開発事業からスタートし、地域社会への貢献のため、多様化する顧客ニーズへの対応と営業提案力の向上に努めてまいりました。今後もこれまで以上に精力的に活動し、都市開発をはじめ経営と技術に優れた企業として、より多くの皆様に喜んでいただける会社となるべく、社業に遭進していきます。

私たちが扱う不動産は、賃貸、戸建て、マンション売買、宅地開発、マンション・ホテル建築など多種多様です。このような幅広い不動産を扱うことで数多くの貴重な経験を積んでまいりました。この経験に裏付けられた、社員の引き出しの多さ、現場の力こそが、まさにCIPの強みです。不動産総合ディベロッパーとして、社会のニーズやそれぞれのお客様のご要望をくみ取りながら、フレキシブルに進化し続けていきたいと願っています。

会長 渡野 友和

そこにある伝統や風土など文化の
供給にも注力しています。

不動産は言葉のとおり不動のものです。動かないものだからこそ、不動産には歴史という過去があり、また今後も存続していく未来があります。

ただ住まいを供給するだけでなく、その地域にある風土のようなものもCIPが継承し、未来の人に伝えていく。そうして地域と融合することで、人々、行政、暮らし、雇用、教育など地域の全てへ良い影響を与えていく。これがわたしどもの使命だと考えています。CIPが多角的に事業を展開しているのはそのためです。

これからも皆さまに愛される企業を目指し、日々挑戦し続けてまいります。今後とも変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。